読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

the PLAY/GROUND vol.0『背信 | ブルールーム』終演のご挨拶

the PLAY/GROUND vol.0

the PLAY/GROUND vol.0『背信 | ブルールーム』、おかげさまで一昨日の1/10に無事に全公演が終了しました。連日たくさんのお客さまにご来場頂き、延べ1000人以上の方に観て頂くことができました。ご来場のみなさま、本当にありがとうございました。予想を遥かに超えるお客さまに来て頂いたため、ご予約をお受けできなかった方も多く出てしまいました。当日の受付や客席誘導も俳優のみでやっていたので至らない部分もあったかと思います。この場をお借りしてお詫び致します。日々たくさんのお客さまに立ち会って頂けたことがなによりも僕の励みになり、そのことで本当にやって良かったと思えました。ありがとうございました。

そして、シアター風姿花伝のみなさま、スタッフ・キャストのみなさま、本当にありがとうございました。さまざまな制約のもと、積極的に関わってくださり、サポートしてくださり、エネルギーを注いでくださったおかげで、特別な「力」の渦巻く素晴らしい時間・空間が生まれたと思っています。本当にありがとうございました。


昨年6月、ほんの出来心で、しかも一回限りのつもりでやってみたワークショップ(的な)企画「actors’ playground」が、たった半年の間にここまで広がりをみせ今回の公演に辿りついたことに、僕自身が誰よりも驚いています。その都度なにかしらの決断をし行動を起こしてきたのは僕自身ではありますが、その決断に至るまでには目には見えない「縁」や「偶然」のようなものがあり、多くの方からの精神的なサポートがありました。もっと言うならば、それまでの僕の俳優人生において、僕にたくさんの「種」を蒔いてくれた方々のおかげで、僕は今回の企画を実現に移すことが出来たのだと思います。

特に、僕を演劇の世界に引き寄せそこに飛び込む契機をくださったつかこうへい先生、演劇人としての僕を育ててくれた僕のビッグダディ・TPTの門井均プロデューサー、俳優として人間として相手と本当に「関わる」ことを教えてくれた僕のアクティングコーチ・金末順(キムマルスン)先生、数年前に僕に「バトン」を渡してくれた尊敬すべき大先輩・手塚とおるさん、この企画を立ち上げるにあたって絶大なる影響を僕に与えてくれた戦友であり同志であり友人・池内美奈子さん、この企画をやるならば絶対にここでやりたいと決めていて、今回多大なるサポートをくださったシアター風姿花伝那須佐代子さん・中山大豪さん、そしてここに書ききれないすべての関わってくださった方々、影響を与えてくださった方々、応援してくださった方々に心から感謝しています。

僕の思いつきや直感だけで進んできた今回の企画はさまざまな矛盾を孕む企画でもありました。そのことで多くの人に迷惑をかけ、少なからず混乱も生じました。でも僕は、それでも「前に」進むことが必要だと揺らぐことなく信じ続けました。それは僕のわがままだと批判されるべきことなのかもしれない。それを引き受けるだけの能力もないくせにと怒られるかもしれない。そして実際そうなのかもしれない。常に自問自答しながらの日々でした。でも、自分から、自分たちから、進むべきゴールを手前に設定したくない。乗り越えるべき壁を低く設定したくない。僕たちの手の届く世界の境界を狭く設定したくない。どこまでも遠くに行ける、どこまでも遠くに行きたい、その想いを失わなければ、きっとさまざまな矛盾や問題点などどうにでも出来る。そしてきっと、それを避けようとするよりもずっと遠くに行けるに違いない。そう信じ続けられるだけの確固たる揺らがない信念を失わずにやってきました。そのことが正解であったかどうかは僕にはわかりません。そして反省点は多々ありますがまったく後悔していません。今回のことを踏まえてたくさんの反省をし、改善をし、信頼すべき仲間たちからの助言をもらいながら、僕自身もこの企画そのものも成長していきたいと思います。


俳優たちの「遊び場」と名付けたこの企画は、俳優による「独立宣言」という形で本格的に始動しました。今後どのように進んでいくのかは、信頼する仲間たちの意見ももらいながら改めてゆっくり考えます。でも僕の中にはすでに次々とアイデアが湧いて出てきています。これまで開催してきた計8回の「遊び場」も、今回の「公演」も、長い長い道のりの通過点に過ぎません。ここまでが「序章」、ここからがようやく「第1章」の始まりです。

次に観客のみなさまと『劇場』という「遊び場」でお会いできるときには、今回よりももっともっと素敵な遊び場が用意できるよう、僕をはじめメンバーともども力を蓄えていきたいと思います。楽しみにお待ち頂けたら、末長く見守って頂けたら幸いです。


今後ともよろしくお願いいたします!


f:id:hirooinoue:20160112154947j:plain
(撮影:福島奈津子)




PLAY/GROUND Creation 管理人
井上裕朗





the PLAY/GROUND vol.0 ご来場のお客さま・ご検討のみなさまへのご案内

the PLAY/GROUND vol.0

the PLAY/GROUND vol.0『背信 | ブルールーム』に興味を持って頂き、まことにありがとうございます。 ありがたいことにたくさんの予約を頂いております。

今回各公演開演の2時間前まで、こりっちのチケット予約システムにてご予約が可能になっております。その後のご予約に関しましては、制作直通の電話(080-7995-7816)までご連絡ください。開演ギリギリまで受付致します。

「完売」の回に関しては当日券は販売致しません。「キャンセル待ち」という形で、キャンセルが出た場合のみお入り頂ける形になります。不明点などありましたらお電話ください。

また、ご来場が開演より遅れますと、補助席へのご案内になる可能性もございます。ご連絡のない場合は「キャンセル扱い」とさせて頂く場合もございます。また、演出の都合上しばらくお座席にご案内できずロビーでお待ち頂く形になる場合もございまます。ご了承ください。 各回受付の混雑が予想されます。少し余裕を持ってご来場頂けますと助かります。

またキャンセル、開演時刻に遅れます場合は、お電話頂けますと幸いです。 よろしくお願いいたします。

『ブルールーム』の上演時間は2時間5分、『背信』は1時間30分を予定しています。

 

ご来場、心よりお待ちしております!



PLAY/GROUND Creation 管理人
井上裕朗

制作直通電話 080-7995-7816




the PLAY/GROUND vol.0 遊び場レポート33: 井上裕朗

the PLAY/GROUND vol.0 from playground

あけましておめでとうございます!

稽古初日以来、2作品のキャストおよび演出家で繋いできた稽古場レポートも32回を数え、いよいよ最後は私、この遊び場の「管理人」を務めている井上裕朗が担当します。

ほんの出来心で初めた6月の「actors’ playground」。ふとした思いつきで企画した今回の「actors’ pleasureground 2015-16」。そして錚々たるスタッフ陣が集結してくれたことで、単なるワークショップ発表会から「公演」という形へと進化を遂げた、the PLAY/GROUND vol.0『背信 | ブルールーム』。すべて僕が企画し、制作し、運営してきたものでありながら、すべてを最初から計画していたものではなく、そのときそのときの直感と、次々に集まってくれた人たちのエネルギーや才能に刺激されてどんどん膨らんできました。そのことに僕自身が戸惑い、驚き、喜んでいます。

稽古が始まってからの1ヶ月、さまざまな予期せぬことが起こりました。計算外のトラブルや困難に直面したこともたくさんありました。予想していなかった素敵なこともたくさん生まれています。あらゆることが、僕の手を離れてどんどん転がっています。始まる前からたくさんのシミュレーションをし、想像をし、滞りなく稽古を進めていけるための準備を万端にしていたけれど、実際過ごした1ヶ月はそんな僕のシミュレーションや想像をいろんな意味で裏切る、まったくもって予期できなかったものでした。何事も本当に「やってみないとわからない」ものであることを実感し、いま生まれているすべてが半年前には影も形もないものであったことを考えるにつけ「やってみることそのものに意味がある」ことも実感しています。元来ぐうたらな僕に、要所要所であれほどのまでにはっきりとした「直感」を授けてくれた『演劇の神様』のような存在に、心から感謝する毎日です。

この企画はいろんな意味で「無謀」な企画です。この短期間で2作品(4チーム)を作り上げようということも無謀だし、4日間という短い期間で12公演を打つことも無謀だし、この規模の公演でこれだけの豪華なスタッフ陣に集まってもらうことも無謀だし、初めての企画なのに総勢40人以上に参加してもらうのも無謀だし、制作業務も演出も未経験の僕が専門の制作さんも演出助手もつけずにすべてひとりでやることも無謀だし、そんな僕がさらには俳優として2作品・3役を演じるというのも無謀です。あらゆることが「無謀」であり、そのことでさまざまな人に迷惑をかけてしまっていることも承知しています。まわりからの反対があったり、うまくいかないことがあったりするたびに、心が折れそうになることも多々ありました。ですが「無謀」であるということと「無計画」ということはまた違うことです。僕はこの無謀な挑戦を「敢えて」やっています。どうしてもやりたくてやっています。迷惑をかけることは承知で、その迷惑が最小限になるよう、そしてこの無謀な挑戦の意味が最大限生まれるよう、出来る限りの努力をしています。まわりからどう言われようと、どう思われようと、このことをやるべきだという確たる「直感」が働き、なによりこのことをやりたいという「欲求」に溢れています。見方によっては単なる「わがまま」でしかなく、常に自分に自問自答し続ける毎日でしたが、今の僕には、胸を張って「そうではない」と言い切れるだけの根拠のない自信があります。

無謀なだけでなく、いろんな点において「矛盾」も孕んだ企画でもあり、そのことでもずいぶん悩みました。でも、この1ヶ月に生まれたものを見てきた中で、いろいろな人との対話を通して辿り着いた結論は、この企画は『俳優の独立宣言』なのだということです。そのシンプルな結論に辿り着いたことで、僕の中ではいろんな矛盾が解決されました。各セクションのスタッフ陣やシアター風姿花伝のみなさまからの多大なるサポートのもとで、ではありますが、企画・制作・運営・作品づくりなどのすべてを、俳優たちの力を結集して行うことによって、俳優が自立した存在として自信と存在を取り戻したい。そのことがきっと作品や演劇そのものに力を与えるに違いない。そんなことを夢見ているのだと思います。その手始め、小さな第一歩かもしれない今回の企画は「vol.0」と名付けるのにふさわしい。そして、その名前に恥じない公演になりつつあります。


僕たち「俳優」という存在は「観客」という『他者』と出会って初めて意味をもち、作品もまた「舞台」と「客席」の出会う『劇場』という空間において初めて姿を現します。初日まで残り1週間を切りました。新年早々の慌ただしい時期ではありますが、ぜひ僕たちに「出会い」に、劇場という「遊び場」に足を運んで頂けたらと願っています。

改めて今回の公演の詳細を掲載するとともに、稽古場からの写真を1枚、そして僕の最大のサポーター、愛猫まめとみみの写真を載せて挨拶と代えさせて頂きます。


よろしくお願い致します!


遊び場「管理人」井上裕朗
2016年元日

 

f:id:hirooinoue:20160102002819j:plain

f:id:hirooinoue:20160102002159j:plain

f:id:hirooinoue:20160102002215j:plain



++++++++++

the PLAY/GROUND vol.0
『背信 | ブルールーム』


2016/1/7(木)〜1/10(日) @シアター風姿花伝

追加公演決定!


CAST/PLAYERS

『背信』
 ジェリー     森尻 斗南
 エマ       松本 みゆき
 ロバート     芦塚 諒洋
          井上 裕朗(追加公演)
 ウェイター    坂本 なぎ

『ブルールーム』ver.A
 若い女      依田 玲奈
 タクシー運転手  菅原 優
 オーペア     渋谷 采郁
 学生       石綿 大夢
 人妻       西村 順子
 政治家      西本 泰輔
 モデル      灘波 愛
 劇作家      近藤 隼
 女優       森下 まひろ
 貴族       斉藤 直樹

『ブルールーム』ver.B
 若い女      えみりーゆうな
 タクシー運転手  内山 拓磨
 オーペア     竹下 澄夏
 学生       西原 信裕
 人妻       柴田 和美
 政治家      谷畑 聡
 モデル      佐々木 美奈
 劇作家      井上 裕朗
 女優       都築 香弥子
 貴族       藤尾 姦太郎

『ブルールーム』ver.C
 若い女      山脇 唯
 タクシー運転手  稲垣 干城
 オーペア     五十嵐 優
 学生       杉森 裕樹
 人妻       北見 有理
 政治家      谷畑 聡 (※三嶋 義信から交代しました)
 モデル      佐度 那津季
 劇作家      堀 雄貴
 女優       都築 香弥子
 貴族       井上 裕朗

 演奏       後藤 浩明


STAFF/PLAYERS

『背信』
  作       ハロルド・ピンター
  翻訳・演出   井上 裕朗

『ブルールーム』
  作       デヴィッド・ヘアー
  翻訳・演出   薛 珠麗

 美術       宇野 奈津子
 照明       松本 大介
 照明操作     中西 美樹
 衣裳       小林 巨和
 音楽       後藤 浩明
 音響       佐藤 こうじ
 音響操作     反町 瑞穂
 舞台監督     鳥養 友美

 ヘアメイクアドバイス         鎌田 直樹
 ベース演奏【録音】(背信)      藤田 奏
 サックス演奏【録音】(ブルールーム) 金山 徹
 ステージング協力 (背信)        傳川 光留

 宣伝美術     藤尾 姦太郎
 記録写真     福島 奈津子
 企画協力     シアター風姿花伝

協力 松本デザイン室, Sugar Sound, 有限会社プリッシマ, 劇団俳優座, 三度目の思春期, ABSカンパニー, (株)ジャスティスジャパンエンターテイメント, リベルタ, 劇団AUN, (有)レトル, オフィス・ミヤモト, 犬と串, DREAM PLUS, オフィスしゃぼん玉, J.CLIP, 高円寺K'sスタジオ, PLAY/GROUND Creation PLAYERS 


SCHEDULE

1/7(木)
 12:00『ブルールーム』ver.A
 15:30『ブルールーム』ver.B
 19:00『背信』
1/8(金)
 12:00『ブルールーム』ver.C
 15:30『ブルールーム』ver.A
 19:00『ブルールーム』ver.B
1/9(土)
 11:00『背信』
 14:30『ブルールーム』ver.C
 18:00『ブルールーム』ver.A
1/10(日)
 11:00『ブルールーム』ver.B
 14:30『ブルールーム』ver.C
 17:45『背信』【追加公演】


TICKET

一般  2500円(前売・当日ともに)
U-20 1000円(20才以下・要ID)
追加公演は投げ銭方式(100円以上)

※ 全席自由・1ドリンク付(追加公演はドリンクなし)
※ 全て当日精算でお願い致します
※ 開場は開演の30分前を予定しています(追加公演は15分前)
※ 幼児・小学生の入場はご遠慮頂きます。
※ 上演時間は『背信』1時間30分『ブルールーム』2時間10分 を予定しています。


チケット発売日
2015/11/15 10:00〜


CoRichチケット! にてお申し込み
カレンダー内の●をクリックすると予約ページが開きます。
または https://ticket.corich.jp/apply/70028/ からお申し込みください。

携帯からの予約はこちらをクリック!


[PR] 勤怠管理 撮影スタジオ カード比較 ゴールドカード


メールにてお申し込み
以下の項目をご明記の上、ticket.playgroundcreation@gmail.com までメールください。

※ お名前(フルネーム・カタカナ)
※ ご希望の日時・作品名
※ 枚数
※ メールアドレス(PCアドレスから受信可能なアドレスをお願いします)


ACCESS

シアター風姿花伝
東京都新宿区中落合2-1-10
http://www.fuusikaden.com/access.html

※ 電車
 JR山手線「目白駅」より徒歩18分
 西武池袋線椎名町駅」より徒歩8分
 西武新宿線下落合駅」より徒歩10分  
 都営大江戸線落合南長崎駅」より徒歩12分
※ バス
 目白駅前から
  都営バス「練馬車庫前」行き「江古田2丁目」行き
  西武バス「新宿駅西口」行き
 4つ目の停留所「目白5丁目」で下車、進行方向へ徒歩30秒


INQUIRY

その他、公演・チケットに関するお問い合わせは、 ticket.playgroundcreation@gmail.com
までお願い致します。




the PLAY/GROUND vol.0 遊び場レポート32: 坂本なぎ

the PLAY/GROUND vol.0 from playground

新年あけましておめでとうございます。

稽古場ブログのアンカーを務めさせていただきます、坂本なぎです。「背信」でウエイターを演じます。珠麗さん、素敵な言葉で紹介して下さって、ありがとうございます!

昨日の大晦日。1年の締めくくりの日も、「背信」チームは稽古をしました。昨日はステージング担当の傳川光留さんが来て下さって、俳優の動きについて、俳優の動きについて、いろいろとアドバイスをして下さいました。布を取る動作一つをとっても、光留さんの手にかかると、どんな動きも素敵な動きに変わります。光留さんの動きは、見ていて美しく、無駄がなくて、かっこいいのです!そして、そのシーンの、その動きの持つ意味を、より明確にしてくれるのです!俳優たちも、その動きをマスターしようと、昨日は何度も何度も練習を繰り返しました。

このように、昨年の12月の初めから1か月間、みんなで様々な稽古を重ねてきました。「背信」も「ブルールーム」も、その人を想っているのに、その人を必要としているのに、その想いがすれ違って傷つけあう。でもそれでも、その人と繋がりたくて、悩み、葛藤を繰り返す。そんな人たちが登場します。

人って悲しい。でも愛おしい。

稽古を重ねるたびに、その想いが強くなってきて、今私は、登場人物一人一人をきゅって抱きしめたくなっています。 そんな懸命に生きている人たちに会いに、是非劇場にいらして下さい!メンバー全員が一つになって創り上げてきた舞台が、1月7日(木)、いよいよ幕を開けます!

写真は、私の大好きな「背信」チームのあっしー、みゆちゃん、斗南くんです。

f:id:hirooinoue:20160101131323j:plain




the PLAY/GROUND vol.0 遊び場レポート31: 薛珠麗

the PLAY/GROUND vol.0 from playground

『ブルールーム』ver.Aの【貴族】斉藤直樹氏からよろしくされました、『ブルールーム』ver.A, B, Cの演出担当、薛 珠麗です。


12月30日は『ブルールーム』年内最後の稽古でした。全員での顔合わせと、奇しくも同じ稽古場、そしてきっかり1か月の時間が経過していました。そして1か月前と同じように、稽古場でしばし語らう時間が設けられました。あの時には初対面だった出演者たちが、1か月の間、文字通り朝から晩まで稽古場で共に時を重ね、今では同じ世界を共につくり、助け合う仲間になっています。稽古場には1か月前には存在しなかった美術や衣裳が並んでいます。そして、直接手を触れることはできないけれど、出演者たちとスタッフ全員によって『ブルールーム』という作品が3ヴァージョン、確実に結実しようとしています。

10人の男女が螺旋のように廻りながら織り成す、10の求め合い。その同じ構造を取りながら、3つのヴァージョンはそれぞれ全く異なった ドラマを展開させています。述べ30人の男女が螺旋のように廻りながら織り成す、30の求め合い。そこでは、男女の間に起こり得ることが全て、起きているかもしれません。是非!是非!!劇場にお運びいただき、体験していただけたらと思います。

同時上演『背信』もまた、3人の男女が求め合う螺旋のような作品です。何とこのほど追加公演が決定し、こちらも2ヴァージョンによる上演と なりました! PLAY/GROUND Creation 企画者であり、『ブルールーム』ver.Bでは【劇作家】を、ver.Cでは【貴族】を演じ、『背信』演出を担当している井上裕朗が、何と自ら『背信』ロバート役で登板します。ひゃーーーー!最新情報はこちらをごらんくださいませ。https://twitter.com/__PLAY_GROUND__

さて、稽古場ブログのバトンを最後の走者に渡します。アンカーは『背信』ウェイター役、坂本なぎさんです。先ほど「3人の男女」と言いましたが、なぎさん演じるウェイターは、嵐が吹き荒れる螺旋のとなりでそっと凪いだ入江のような存在です。『背信』チームも『ブルールーム』チームも全員、なぎさんのあたたかな存在感が大好きです。わたしは今回のメンバーの中ではなぎさんとの接点が一番少ない、と思っていたのですが、お話ししてみると、そこにはちゃんと演劇的なご縁があったのでした。こうして演劇は、それこそ螺旋のように、繋がっていくのだなぁ、と1年の最後に実感しています。

なぎさん、よろしくお願いします!

写真は、クリスマスもハードなスケジュールで稽古していたキャスト&スタッフに、音響のシュガーさんこと佐藤こうじさんが差し入れて下さった クリスマスのお菓子です。

f:id:hirooinoue:20151231230800j:plain

f:id:hirooinoue:20151231230811j:plain






the PLAY/GROUND vol.0 遊び場レポート30: 斉藤直樹「愛に言葉は必要か」

the PLAY/GROUND vol.0 from playground

f:id:hirooinoue:20151229223908j:plain


芝居に熱中しているうちに2015年もあと2日になってしまいました。
街にあふれる正月飾りも今年は僕にとっていっそう意味のないものに思えてきます。
そもそも11月ころから「今年も残すところ」なんて言い方するけど
じゃあ年末は今年の残りなのか?

街に出ればいつもの光景が広がっています。
僕らが芝居をするしないにかかわらず生活は続いています。
あんなに悩んで考えていたことが急にバカらしく恥ずかしくなって
行き交う人たちに紛れて家路につき、飯を食らって飲んだくれて眠りに落ち
日が昇って少し生き返り、まだ肉体があることを確認します。
そして自分が自分以外の何ものでもないことにホッとしたりムッとしたりします。

活字や電波で無責任な言葉が飛び交う時代で
人の口から耳に、心に直に響く振動はどれだけあるのか。

俳優は相手と一緒に存在し呼吸し、
好きも嫌いも喜びも痛みも全部抱きしめて手放します。

世の中の人がみんな芝居すればいいのに、
そしたら世界は愛に包まれるだろうにって時々真剣に考えます。


愛に言葉が必要かどうかは答えが出ないけど、
少なくとも芝居に言葉は必要だな。


ああもうよくわかんなくなってきた!
あとよろしく珠麗ちゃん!





the PLAY/GROUND vol.0 遊び場レポート29: 森下まひろ

the PLAY/GROUND vol.0 from playground

こんちゃん、褒められているようなけなされているような...笑 劇作家らしく言葉をたくさん使ってのご紹介ありがとう!こんちゃんといると楽しくて居心地がよくてなぜか落ち着く。「ブルールーム」の女優にとって劇作家ってきっとそういう存在なんでしょうね。

はじめまして、ver.A女優役の森下まひろと申します。今日から稽古場が南千住から東高円寺へと大移動し、初のチームメンバーのみの稽古です。10人って決して少なくないメンバーなのに、これまで30人近くいたせいかなんだかミョーにさみしい気が....。

そして、いよいよ後藤さんの音楽と合わせる作業が始まりました。素敵な生演奏が入って作品がよりドラマチックになってきました。いろんな形の出会いと別れを是非目撃しにいらして下さい。

f:id:hirooinoue:20151229080943j:plain


明日のブログは、私のもう一人のお相手、貴族役の斉藤直樹さんです。キャリアがあって経験豊富な直樹さんは、アイデアを提案してくれたり、疑問を投げかけて戯曲の理解を深めさせてくれたり、みんなをグイグイ引っぱってくれる、心から尊敬する素敵な役者さんです。そして何より、手フェチのワタシから見てこのお方の手は美しくてパーフェクト!!劇中で私はこのお方の手に...ウフフ。

ご来場心よりお待ちしております!